生地・素材について

CLOTH & MATERIAL

生地説明

  • 天竺
    Tシャツに使われている生地で最も一般的な編み方で【平編み】ともいいます。凹凸がなく表と裏がはっきりと違う編み目で、横方向に伸びやすいのが特徴です。
    天竺生地
  • フライス
    【ゴム編み】ともいわれる編み方で、横方向への伸縮性に富んでいるのが特徴です。着心地がよくレディスや子供服のインナー等に採用されることの多い生地です。
    フライス生地
  • ハニカムメッシュ
    蜂の巣状の凹凸のある編み目が特徴の編み方です。通気性に優れ、汗をかいてもベタつかず着心地のよさを保ちます。
    ハニカムメッシュ生地
  • ダブルフェイス(ポリエステル)
    片面は凹凸が無く、片面はメッシュのポリエステル100%の生地です。軽くて通気性があり速乾性に優れた生地で、快適な着心地を維持できる生地です。
    ダブルフェイス(ポリエステル)生地
  • ダブルフェイス(T/C)
    表面にはポリエステル、裏面にはコットンが出るように編んだ生地です。ポリエステルの速乾性を持ちながらコットンの肌触りを持った、機能性と着心地の両方を再現しました。
    ダブルフェイス(T/C)生地
  • 鹿の子
    天竺(平編み)の変化組織のひとつです。通気性に優れており、ポロシャツに使われることの多い生地です。
    鹿の子生地
  • 裏毛
    表面は天竺の編み目で裏面がパイル状の、スウェットに使用される一般的な生地です。パイル部分が隙間を作り、快適な着心地を生み出します。
    裏毛生地
  • 裏起毛
    裏毛のパイル部分を毛羽立たせた生地です。起毛したことでボリュームを持ち柔らかく、保温性にも優れた素材です。
    裏起毛生地
  • ワッフル
    正式名称は【サーマル】という生地で、格子状に凹凸があります。伸縮性に富んでおり保温性に優れているのが特徴です。
    ワッフル生地
  • タフタ
    織物の一般的な組織で【平織り】といいます。耐久性にも優れ、シワになりにくいのが特徴の生地です。
    タフタ生地
  • ダイヤリップ
    裂け防止の【リップストップ】という平織りの一種で、ダイヤ型の生地目にした生地です。一般的なタフタよりも更に強く、また見た目も高級感があるのが特徴です。
    ダイヤリップ生地
  • ツイル
    【綾織り】という斜めに綾線が入るのが特徴の一般的な織物です。平織りよりも張りがあり、厚みも増すのが特徴です。
    ツイル生地

「ニット生地の(厚さ)」について

生地の厚さ(重さ)は1ヤード(約0.914m)四方あたりの面積の重量を、oz=オンス(1oz約28.35g)で表します。これを1㎡あたりの重量に換算すると1oz/yard²=約33.9g/㎡となります。

ニット生地の(厚さ)について

糸について

綿糸の太さは番手という単位で表します。

番手を表す数字が小さいほど糸は太くなり、数字が大きくなるほど糸は細くなります。一般的に太い糸で編まれた生地ほど生地に厚み(重み)が出やすくなります。

綿糸の太さは番手という単位で表します。
↑